2010年01月25日

家族で祝う退職祝い

家族で祝う退職祝い


一家のお父さん、お母さんが定年退職を迎える時期には、
その子どもたちは独立して家庭を持っているか、
独身でも経済的に自立していると思います。

それまでの生活を支えてくれてきたお父さんやお母さんの
定年退職には心からねぎらいと感謝の思いを表わすべきです。

お祝いは子どもたちが費用を出し合って旅のプレゼントをする
という話をよく聞きますが、それは一番うれしい贈り物では
ないでしょうか。

働いている間はのんびりと旅を楽しむ余裕もなかったでしょう。
長い間働いてきた心身の疲れを癒すには日常から離れた時間を
過ごすことは、なによりも効果があります。

用意するのはペアの旅行券などどうでしょうか。
夫婦で希望の旅を満喫していただきましょう。

お連れ様がいない状況なら、子どもさんがご一緒するのもよいですね。
ラベル:退職祝い
posted by ひまわり at 17:12| Comment(0) | 退職祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退職祝い

近年は、団塊の世代の方が多く退職されています。
派遣などが増えてきていますが、団塊の世代は正社員の方が多いので
送別会で贈り物をプレゼントする機会などがあると思います。

贈り物は何がいいのか悩むところですよね。
何がいいかは退職される方に聞いておくのが一番だと思います。
本当に欲しいお品を贈れば喜んでいただけるでしょう。

最近は好きな物が選べるカタログギフトなども人気です。


退職祝い

定年退職祝いは会社の習慣があるはずですので、
それに従うのが一番良いでしょう。
定年まで勤めあげての退職は、会社にとって必要な人材でありつづけた証明です。

会社習慣に習いふさわしいお祝いをしましょう。


のしは?

現金や品物は紅白蝶結びのしつき、「御祝」「御礼」「御餞別」などと表書きします。


お祝いの仕方は?

仕事上、直接関係があった人はこれまでの労をねぎらい、感謝を伝える送別会を催します。
送別会には出席することがお世話になった側のマナーと心得てください。

最後の出勤日には退社時に花束を準備しておきましょう。

湿っぽくならず明るく「お疲れさまでした」と送り出しましょう。
ラベル:退職祝い
posted by ひまわり at 17:06| Comment(1) | 退職祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。